ナイトブレイドスキル

ナイトブレイド「吸引スキル」

はじめに

ナイトブレイドの回復スキル「吸引スキル」は

  • 攻撃を与えながら「回復」するスキル
  • 条件を満たすと、「スタミナ」「マジカ」「アルティマ」が回復する

といった特異な回復スキルが多いスキルラインですが

特定の条件を達成しないと

大きな回復量が得られないというデメリットもあります

今回はそんな「吸引スキル」について説明します

よろしくおねがいします

吸引スキルの強み

個人的に思う、吸引スキルの強みは

  1. 装備している「吸引」スキルが多いほど回復能力が上がるパッシブ
  2. 条件を満たすと「スタミナ」か、「マジカ」が回復するスキル

これらの要素が特に強力だと思います

スキルスロットに「吸引」が多いほど回復力があがる

パッシブスキルの「魂を奪いし者」を最終ランクまで習得すると

スキルスロットにある「吸引スキル」の数が多いほど回復力が増える

という効果が得られます

このパッシブ効果は、「ヒーラー」が最も恩恵を得られ

回復力+3%」は、回復能力の高さをけっこう実感できます

ナイトブレイドでヒーラーをするなら

「吸引」スキルをどれだけスキルスロットに入れるかを思案してみましょう

実例。吸引スキルの「①精神力吸収」「②健全なる捧げ物」が
スキルスロットに入っているので

回復効果+6%の恩恵が得られる

「スタミナ」か、「マジカ」が回復するスキル

吸引スキルの「吸収攻撃」を変異させると

  • 吸血攻撃:スタミナ回復
  • 吸引強化:マジカ回復

する効果のあるスキルになります

詠唱後、「時間経過」でリソース回復量が増える

「吸収攻撃」か「吸引攻撃」を詠唱して、20秒経過すると

効果が切れると同時に、「スタミナかマジカが 4270回復」します

ちなみに、20秒経過する前に

「吸収攻撃」か「吸引攻撃」を再詠唱した場合

経過した時間にもとづいて、「スタミナ」か「マジカ」が回復します

経過した時間はスキルの右上に書かれた数字で判断できる。

この右上の数字が大きいほど再詠唱したときの「スタミナ」か「マジカ」の回復量が増える

詠唱後、「軽攻撃」でリソース回復できる

「吸収攻撃」か「吸引攻撃」を詠唱して、

敵に「軽攻撃」か「重攻撃」を当てると

「スタミナ」か「マジカ」が 106回復します

回復量が微量に感じるかもしれませんが

軽攻撃キャンセル」というテクニックを活かせば

無駄なく、「スタミナ」や「マジカ」の回復効果が得られます

そして

これらを使いこなすことで、ナイトブレイドの攻撃性能が飛躍的に上昇します

パッシブスキル

ナイトブレイドの吸引のパッシブスキルは

アルティメットポイントを獲得できるものや

「吸引スキル」をうまくつかうことで

ステータスの底上げができるものが多いです

パッシブスキル一覧

Catalyst
  • 力の触媒」:
    • ポーションを使うと、20アルティメットポイントを獲得する

Magicka Flood
  • マジカの流れ」:
    • スキルスロットにある「吸引」のスキル一つにつき、最大マジカが8%上がる
      • 最大+48%(スキル5&アルティメット1)

Soul Siphoner
  • 魂を奪いし者」:
    • スキルスロットにある「吸引」のスキル一つにつき、あらゆる回復効果+3%
      • 最大+18%(スキル5&アルティメット1)

Transfer
  • 伝達」:
    • 「敵との戦闘中」に、「吸引スキルを詠唱する」と
      • 2アルティメットポイントを獲得する
        • クールタイム:4秒に1回発動

吸引パッシブまとめ

  • アルティメットポイントを獲得
    • ポーションを飲む:+20ポイント
    • 戦闘中、吸引スキルを詠唱する:+2ポイント
  • スキルスロットに「吸引」スキルがある場合
    • 1つあるごとに:最大マジカ+8%
    • 1つあるごとに:あらゆる回復効果+3%

うまく使いこなせば、アルティメットを手早く獲得したり

「ヒーラー」としてうれしい性能の底上げが可能です

闘争

Strife

特徴

  • 「単体」に「直接ダメージ」を与える遠距離攻撃
  • 「闘争」で与えたダメージ量が多いほど、継続回復の効果が高まる
「闘争」で与えたダメージの一部が回復効果となり、2秒ごとにヒールが入る

効果

  • 28m以内にいる敵一体に魔法属性ダメージを与える遠距離攻撃
    • 「単体ダメージ」、「直接ダメージ」属性
  • 「自身」か、「15m以内にいる味方」を2秒ごとに「闘争」で与えたダメージの50%分回復する
    • この効果は、自身の治癒力が高いほど与えたダメージの○○%の数値が高まる

変異スキル

Funnel Health
  • 「体力拡散」:マジカ消費スキル
    • 強化:「体力拡散」によって回復する味方の人数を増やす
      • 1人 ⇒ 2人

Swallow Soul
  • 「魂丸呑み」:マジカ消費スキル
    • 強化:「変異前:闘争」よりダメージ量が 39% ほど上昇する
    • 効果変更自身しか回復しなくなる
    • 効果変更:与えたダメージの 35% 分しか回復しなくなる
      • (※)ダメージ量が増えているので、回復する量は変異前とそんなに変わらない

回復割合は増減する

「左:DPS(ダメージ役)のキャラ」は
「右:ヒーラーのキャラ」で同じ体力拡散の説明文を比較したもの

自身の回復効果が高ければ高いほど、
与えたダメージの一部の回復割合の効果が高まることが分かった
調べてみたら
チャンピオンポイント「集中治療」、「迅速な再生」などの
パッシブ効果で回復割合が変動することが分かった

回復割合が増大した要素

  • チャンピオンポイント:「集中治療」単体への回復効果増加
  • チャンピオンポイント:「迅速な再生」継続回復スキルの回復効果増加
  • バフ効果:治癒力(強)、治癒力(弱)

などなど

ただし、実際に「体力拡散(変異)」で回復数値を計算してみると

DPSキャラの方が、このスキルにおいては
ヒーラーよりはるかに強力な回復数値を叩き出すことができた



2秒ごとに9800ヒールを2人にかけれるのは非常に強力だ!

「体力拡散(変異)」にせよ、「魂丸呑み(変異)」にせよ
与えるダメージ量が高いほど回復性能が上がるため

ヒーラーより、DPS(ダメージ役)が使ったほうが、継続回復の効果が高い場合が多い。


特にダメージ役は、クリティカル率を意識的に高めることになるため
ヒーラーより「闘争」による回復量のアベレージがずっと高くなる

私見:

  • 体力拡散(変異):味方2人を回復する方
    • ヒーラーとして運用するなら、こちらの変異を選択しよう
    • DPSが「体力拡散(変異)」使用すると、かなり強力な継続回復を付けることができる
      • パーティーがしんどい時にヒーラーの手助けができる
  • 魂丸呑み(変異):自分しか回復しない方
    • 自己回復しかしないようになる
    • マジカ型の直接攻撃スキルとして使える
    • マジカ型DPSなら、攻防一体のスキルとなるため生存率がかなり変わる
      • 「死んだらDPS値が0になる」とよく言われているため、生存率が高いことは良いことだ

害なる捧げ物

Malevolent Offering

特徴

  • 自身に継続ダメージがつく代わりに、自身か目の前にいる味方の体力を大回復する

効果

  • 自身か、「28m以内にいる前方の味方ひとり」を大回復する
    • 「単体回復」属性
  • 詠唱した瞬間に、自身が継続ダメージを受ける
    • 1秒ごとに継続ダメージを受ける
    • この継続ダメージは、連続で詠唱するたびにダメージが累積する
デメリット付きだが、「自身」か
「自身から前方にいる28以内にいる負傷した味方」を大回復できる強力なヒールスキル

変異スキル

Shrewd Offering
  • 「明敏なる捧げ物」:マジカ消費スキル
    • 強化:マジカ消費量が減少する
    • 強化:自身が受ける継続ダメージの効果が弱まる
      • 自身が受ける継続ダメージ量減少
      • 自身が受ける継続ダメージの持続時間が1秒短くなる

Healthy Offering
  • 「健全なる捧げ物」:マジカ消費スキル
    • 追加効果:詠唱すると10秒間、治癒力(弱)のバフ効果がつく
      • 治癒力(弱):あらゆる回復効果+8%

私見:

  • 「害なる捧げ物」は、自身の前方にいる味方しか回復できないが非常に強力な回復量を持つ
  • 自身に「継続ダメージ」がつくというデメリットがあるが、ヒーラーとして運用する場合ほとんど気にならないダメージ量。
    • 「害なる捧げもの」の2~3回連続使用くらいなら、「マスヒーリング」や「再生」などの回復スキルですぐ完治する
  • 「健全なる捧げ物(変異)」は非常に強力な回復スキルなだけでなく、「治癒力(弱)」が付与されるとてもありがたいスキル
    • 治癒力(弱)を付与するために10秒ごとに詠唱しても良いくらい強力なバフ効果
    • 最近のPvP環境において、ナイトブレイドは「害なる捧げ物」で失った体力を超回復することが多くなってきている
      • DPS(ダメージ役)が自身を回復する場合は「明敏なる捧げ物(変異)」
      • タンクが自身を回復する場合は、影スキルの「ダーククローク(変異)」が有効な感じだろうか?

不全

Cripple

特徴

  • 「単体」に「継続ダメージ」を与える遠距離攻撃
  • さらに、敵の移動速度を減速させる効果がある
遠くにいる敵一体に赤い影のようなものが走っていき、
敵に「継続ダメージ」と「減速効果」を与えるスキル

効果

  • 28m以内にいる敵一体を対象にする
    • 対象の敵は20秒間、継続ダメージを受ける
      • 「単体ダメージ」、「継続ダメージ」属性
    • 対象の敵は4秒間、移動速度が 30% 減少する

変異

Debilitate
  • 「衰弱」:マジカ消費スキル
    • 強化:減速の効果が上昇する
      • 敵の移動速度-30% ⇒ -50%
    • 追加効果:「衰弱」によるダメージを受けるたびに、敵は「オーバーチャージ」の状態異常に陥る
      • オーバーチャージ:魔法属性の状態異常(ステータス効果)
        • 魔法属性の直接ダメージを与える
        • さらに、マジカ吸収(弱)のデバフをあたえる
          • マジカ吸収(弱):このデバフ効果がついた敵をダメージを与えるたびにマジカが168回復する。クールタイム1秒

Crippling Grasp
  • 「拘束」:マジカ消費スキル
    • 追加効果:「拘束」で最初の一撃を加えるとき、直接ダメージを与える
      • 「単体ダメージ」、「直接ダメージ」
      • 継続ダメージの方は少しダメージ量が下がる
    • 追加効果:敵を2秒間移動不能にする

私見:

  • 遠距離から敵に継続ダメージを与えることができるため、DPS(ダメージ役)が雑魚敵を抑えながら戦ったり、ボスへのダメージソースとして使える
  • 「衰弱(変異)」は敵にマジカ吸収(弱)を与えることができるため、サポート向け
  • 「拘束(変異)」は攻撃向け・・だろうか?

吸収攻撃

Siphoning Strikes

特徴

  • 詠唱すると20秒間、「軽攻撃、重攻撃を当てた時」に追加効果がでるスキル

「吸収攻撃」が有効な間は、

軽攻撃」と「重攻撃」をあてたときに自身の体力が回復するようになる

効果

  • 「吸収攻撃」を使用すると、20秒間以下の効果がでる
    • 「軽攻撃」を敵に当てると、自身の体力が小回復する
    • 「重攻撃」を敵に当てると、自身の体力が中回復する

変異スキル

Leeching Strikes
  • 「吸血攻撃」:スタミナ消費スキルに変更
    • 追加効果:2つの効果が追加される
      • 「軽攻撃」か、「重攻撃」を敵に当てると、自身のスタミナも106回復する
      • 「吸血攻撃」の効果が切れると、スタミナが4270回復する
        • 「吸収攻撃」を再詠唱して効果が切れた場合もスタミナが回復する
          • 再詠唱して効果が切れた場合は、経過した時間に比例してスタミナ回復量が変わる

Siphoning Attacks
  • 「吸血攻撃」:マジカ消費スキル
    • 追加効果:2つの効果が追加される
      • 「軽攻撃」か、「重攻撃」を敵に当てると、自身のマジカも106回復する
      • 「吸血攻撃」の効果が切れると、マジカが4270回復する
        • 「吸収攻撃」を再詠唱して効果が切れた場合もマジカが回復する
          • 再詠唱して効果が切れた場合は、経過した時間に比例してマジカ回復量が変わる
経過した時間はスキルの右上に書かれた数字で判断できる。
この数字が大きいほど再詠唱したときの「スタミナ」か「マジカ」の回復量が増える

私見:

  • 「吸血攻撃(変異)」と「吸引強化(変異)」は非常に強力リソース回復スキル
  • 軽攻撃キャンセルをうまく使いこなすことができれば真価を発揮するスキル
  • 暗殺アルティメット変異「拘束攻撃」との相性が良い
  • 暗殺スキル「冷酷な集中力」との相性が良い

活力吸収

Drain Power

特徴

  • 自身の近くにいる敵にダメージを与え、自身にバフ効果を付与するスキル
赤いオーラを吸い込むようなエフェクトの攻撃スキル。
敵に当たると攻撃力が上がるバフ効果が得られる

効果

  • 自身の周囲8m以内にいる敵すべてに魔法属性ダメージを与える
    • 「範囲攻撃」、「直接ダメージ」
  • 「活力吸収」の攻撃が敵に当たった場合 自身に30秒間、残忍(強)と魔術(強)のバフ効果を付与する
    • 残忍(強):武器ダメージ+20%
    • 魔術(強):呪文ダメージ+20%

変異スキル

Power Extraction
  • 「力の強奪」:スタミナ消費スキル、病気属性ダメージに変更
    • 追加効果:さらに30秒間、自身に勇気(弱)のバフ効果を付与
      • 勇気(弱):武器ダメージと呪文ダメージが 215 増加
    • 追加効果:「力の強奪」が当たった敵は10秒間、臆病(弱)のデバフ効果を受ける
      • 臆病(弱):武器ダメージと呪文ダメージが 215 低下

Sap Essence
  • 「精神力吸収」:マジカ消費スキル
    • 追加効果:自身と周囲にいる味方を小回復する
      • この回復効果は、「精神力吸収」の受けた敵の数が多いほど回復量が上昇する
        • 敵一体につき:回復量+20%
          • 最大+100%

私見:

  • 自身の周囲にいる敵をまとめて攻撃できる「範囲」「直接」攻撃
    • ダメージ量は、両手武器の「切断」、二刀流の「旋風」と同じくらい
  • 「精神力吸収」の回復量は、「回復の杖スキル:マスヒーリング」の継続回復一回分の回復量くらいなので、敵を多く巻き込みながら連続で「精神力吸収」を使用した場合なら燃費が悪いが、そこそこ高い回復力が出せる
    • ただし、敵がいなくなってくると当然回復力が下がっていくので留意しよう

アルティメット:魂の細断

Soul Shred

特徴

  • 自身の周囲の敵に魔法属性ダメージを与える
  • さらに、味方は「魂の吸血」のシナジーをつかって回復と攻撃ができる

自身から8m以内にいる敵に「魔法属性ダメージ」を与えて「気絶」させるアルティメット

効果

  • 150アルティメットポイント消費
    • 自身の周囲8m以内にいる敵に大ダメージを与えて、気絶させる
      • 「範囲攻撃」、「直接ダメージ」属性
    • 味方は「魂の吸血」のシナジーを使うことができる
      • 「魂の吸血」:敵に魔法属性ダメージを与えて、与えたダメージ分自身を回復する

変異スキル

Soul Siphon
  • 「魂吸引」:回復スキルに変更。150アルティメットポイント消費
    • 効果変更:敵に「ダメージを与えなくなり」「気絶効果もなくなる」
    • 効果変更:自身と、周囲8m以内にいる味方を「直接回復」と、4秒間の「継続回復」を与える
    • 効果変更:4秒間、自身と回復した味方に生命力(強)のバフ効果を付与する
      • 生命力(強):受ける回復効果+16%
「魂吸引(変異)」になると、敵にダメージを与えたり気絶させることができなくなる

自身や味方に強力な回復効果と、受ける回復効果を上げるバフが得られる

Soul Tether
  • 「魂の鎖」:150アルティメットポイント消費
    • 追加効果:敵に与えたすべてのダメージの50%分、自身を回復する
    • 追加効果:「魂の鎖」のダメージを受けた敵は8秒間、プレイヤーとつながれる
      • 敵とつながれている間は、1秒ごとに自身を回復する
      • 10m以上離れると、敵とのつながりが切れる
「魂の鎖(変異)」になると、アルティメットで与えたダメージの50%分、自己ヒールが入る

さらに敵と「赤い線」のようなものでつながれ、継続回復も得られる

私見:

  • 「魂吸引(変異)」:回復する方
    • 敵にダメージを与えたり気絶を与えなくなり、完全に回復スキルになる
    • 自身と8m以内にいる味方を大回復でき、生命力(強)も強力
      • だけど、筆者は「種族:アルゴニアン」で回復効果が上がってるからか、「回復の杖アルティメット:生命の与え手」でも十分な回復量があり、自身から28m以内の味方という破格の範囲のためこちらを使うことが多い
    • 回復量が足りないボス戦、また「パッシブ:魂を奪いし者」の効果で「回復力+3%」をつけるためにスロットにいれるのを勧める
    • あと、詠唱時間0.5秒のおかげで緊急時の回復が地味に難しい

  • 「魂の鎖(変異)」:敵にダメージを与えて自身を回復する方
    • 敵を気絶させて大ダメージを与える&自身を回復させる効果はなかなか強力
    • ただ、火力を追い求めるなら「暗殺アルティメット:死の一閃」や「戦士ギルドのアルティメットスキル」の方が一歩リードしている
    • 「相手を気絶させる間に倒す」&「ほぼ確実に当てることができる」という点でPvPでは結構人気の印象がある

まとめ

パッシブスキル

  • アルティメットポイントを獲得
    • ポーションを飲む:+20ポイント
    • 戦闘中、吸引スキルを詠唱する:+2ポイント
  • スキルスロットに「吸引」スキルがある場合
    • 1つあるごとに:最大マジカ+8%
    • 1つあるごとに:あらゆる回復効果+3%

獲得する方法が限られているアルティメットポイント

増やす手立てがあるパッシブ能力はなかなか優秀といえる

また、吸引のスキルをスロットに入れることで

回復効果が高まったり、マジカ最大値が伸びるのはヒーラー役としてありがたい

アクティブスキル

  • 敵にダメージを与えることで回復する
    • 自身の周囲にいる敵にダメージを与えて回復する「魂の鎖(変異)」
    • 与えたダメージ量が高いほど回復量が上がる「闘争」
    • 巻き込んだ敵の数が多いほど回復量が上がる「精神力吸収(変異)」
  • デメリット付きだが、一瞬で大回復する
    • 自身に継続ダメージを与えるが、自身か味方を大回復する「害なる捧げ物」
  • 敵にデバフ効果とダメージを与える
    • 敵の移動速度をさげて、継続ダメージを与える「不全」
    • 敵の攻撃力を下げて、自身の攻撃力を上げ、直接ダメージを与える「力の強奪(変異)」
  • 優秀なリソース回復スキル
    • 詠唱すると、時間経過と軽攻撃&重攻撃でスタミナが回復する「吸血攻撃(変異)」
    • 詠唱すると、時間経過と軽攻撃&重攻撃でマジカが回復する「吸引強化(変異)」

(※)2023年11月現在の情報です

【リンク】ナイトブレイドのスキル

最近の投稿